ブラブロ

はい、ブラザーです。

15000pv達成記念 大好きな寺川ベースについて語る

 

 

 

f:id:kinoko1629:20200406000351j:plain

 

ブラザーです。改めまして、15,000pvを突破しました。ありがとうございます。2018年8月からブログをスタートさせ、アカペラのことや、転職活動のこと、何気ない出来事の話、そして新しくスタートしたコラム「ブラコラ」を通して、たくさんの方々からブログをご覧にいただいていることに感謝いたします。

 

 

kinoko1629.hatenablog.com

 

15,000pv突破

 

さて、そんな本日は一度記事にしてみたかった、「寺川正興さん」について語りたいと思います。アカペラアレンジを行なっている中で、友達から教えてもらったベーシストであり、昭和の”ザ・変態ベース”とも呼べる方です。

 

 

寺川正興氏とは

f:id:kinoko1629:20200406015726j:plain

東京都小石川生まれ。東京都立芝商業高等学校出身。17歳頃からベーシスト金井英人氏の元でベースを習得。高校時代はハーモニカバンドのベースを担当しており、高校卒業後は一時期サラリーマン生活を過ごしていたが、プロミュージシャンに転向しました。

1969年には、スイングジャーナル人気投票第2位となり、その後様々な活動を経てスタジオミュージシャンとして活動。歌謡曲をはじめ、アニメ、特撮ソングなどジャンル問わず多数のレコーディングに参加。2001年に他界をした。

 

どんな曲をやっていたの?

Jazzベースの曲が多く、また古い曲も多いためになかなか馴染みがないのでは・・・と思っていましたが、実はそうでもありませんでした。

 

また逢う日まで / 尾崎紀世彦

あの鐘を鳴らすのはあなた/和田アキ子

天才バカボンOP

帰ってきたウルトラマン

サザエさんの歌(初代OP)

などなど

 

ベースの特徴と何がそんなに興奮するのか

はい、お待たせしました。まず寺川氏のベースは「エレベーター奏法」と呼ばれ、16部の刻みで高低差激しく演奏をするのが特徴的です。ここ重要ですよ。ただ、今から40年も前に活動していた方なので、「この曲が寺川ベースだ」という完璧なクレジットって残ってないんですよね。。ですが、昭和を代表する伝説のベーシストとして、今も「寺川ベースをコピーしてみた」という方が多いんですよ。

 

いやいや、本当にベースですか?全速力で出発の名曲

特徴がわかりやすい曲で行くと、五木ひろしさんの「夜汽車の女」という曲ですかね。

 


夜汽車の女 五木ひろし

1972年の曲です。カッコ良すぎませんか!?

 

もう、曲の最初からえぐい・・・・笑。途中の高音部分への遡りについては、もはやこれはベースなのですかwwwって思うほどすごいです。

 

え!本当に布施明さんですか?伝説のハードロック

Love Live Life+One「Love Will Make A Better You」という曲があります。この曲のメインボーカルは、なんと「君は薔薇より美しい」でおなじみの、布施明さんなんです。


Love Live Life + One 'Love Will Make A Better You'

 

いや、寺川ベースがかき消されるんじゃないかってくらいの歌唱力。そして、ベースだけでなく、周囲の音もめちゃくちゃカッコよくないですか。そして1:40秒あたりのギターとベースの掛け合いから、だんだんリズムがわからなくなってきますwww

 

 

 

裏切られた!!!サビから突然の疾走感!!

寺川ベースを味わうにはぴったりの曲があります。未来少年コナンのOP「いま、地球が目覚める」

 


「いま、地球が目覚める(未来少年コナン)」

大人気アニメのテーマソングも寺川さんがベースを担当されてますね。いやー最初は、なんと心地良いんでしょう・・・え!!急に疾走してきた!!なんじゃこりゃ〜〜!!

と誰しもが思う急展開です笑

 

ベースラインを聞いただけで泣けてくる 阿久悠が作り出した名曲

やっぱり寺川ベースの中でも、もっとも有名な曲は「あの鐘を鳴らすのはあなた」ですかね。


あの鐘を鳴らすのはあなた(オリジナル)

おそらく、ベースラインをしっかり聴いた方は少ないのではないでしょうか。上の曲を聴いてくるとわかりますが、この曲に対するベースの考え方は一つ力が入っている気がしますね。

 

この曲を書いた阿久悠さんも本気でした。和田アキ子さんはデビュー前、Jazzシンガーとして活動をしており、デビューから数々のヒットソングを出してきました。しかし、トップ10には入らず、「どうして私は1位にならへんの・・・」と阿久悠さんに泣きついた事もあったそうです。当時、阿久悠さんはプロデューサー兼作詞家でした。

 

そんな時、堀社長から直々に「彼女に、日本レコード大賞の歌唱賞を取るのにふさわしい曲、書いてくれないか」と言われたそうです。阿久悠さんも、「はみ出しが許されない時代に、はみ出しの魅力でまかり通る。今までの女性像とは違う魅力がある」と、これまでと違う女性像、都会の孤独の中で強く生きようとする女性の姿を描いたそうです。そして作曲は森田公一

 

和田アキ子は、この曲で日本レコード大賞を受賞しました。当時の映像もありました。


あの鐘を鳴らすのはあなた 和田アキ子

 

この曲のベースラインは、最初は静かな響きですね。まるで遠くで鐘が響いているようです。サビにかけて徐々にスピードをあげて、サビになった瞬間に一気に加速をする。この1番2番サビと、最後の大サビのラインは違います。大サビはより高低差が強くなり、そのノリを最後まで絶やす事なく終わるようになってます。より疾走感が出てますね。

 

寺川正興氏は、まさに昭和を代表するベーシストでした。もちろん生で拝見はした事ありませんが、曲の中にその時代の良さをベースで伝えようとしている姿が想像できます。私は、この「高低差による疾走感を生み出すという」事を、アカペラのアレンジにおいても活かしています。ベースでもストーリー性を出せるアレンジをするのが、僕の目標ですね。

 

また、ドリフターズ8時だよ全員集合の初代OPも、寺川ベースですよ。

 


ドリフターズ オープニングだよ!!

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラコラvol.5 万能鑑定士Q

ブラザーです。

 

都内で新たに97名の感染者。

2週間前のつけが今きた、という話もありますね。

 

だいぶコロナの影響が、都内をはじめ各地域で出てきているなと感じますね。

 

病院や教育現場の方々は、非常に苦しい状況かと思います。

 

 

さて、U-NEXTで「万能鑑定士Q モナリザの瞳」を見ました。ネタバレになるといけないので、簡単に内容を書くと

 

綾瀬はるかさん演じる鑑定士 凛田莉子と、

彼女を取材する 松坂桃李さんが演じる冴えない記者 小笠原 悠斗が共にミステリーを解決するという内容です。

 

原作は、松岡圭祐さんが描いており、実写映画では「モナリザ」をテーマにした物語となってます。

 

鑑定士 凛田は、とある才能により鋭い感覚で鑑定を行い、完璧な鑑定能力をもつ、まさに「万能鑑定士」凛田は「万能鑑定士Q」としてお店を構えていた。小笠原は冴えない記者であり、社会人四年目にして会社で多くのミスを犯しており、別部署に異動を宣告されるか否かの瀬戸際だった。

 

小笠原は、とある取材現場で起きた事件をきっかけに凛田と知り合い、彼女の魅力に惹かれ、一か八かをかけて記事にすることにした。

 

40年ぶりに日本で開かれる「モナ・リザ」の展覧会に、警備強化のため臨時学芸員として推薦された凛田。モナ・リザの真実を深掘りしていく中で、謎の頭痛が彼女を襲う。そして、日本来日の裏には、大きな闇が隠れていた。モナ・リザの真実とは、、、

 

 

サスペンス系の映画が好きなため、この映画も非常に面白い内容でした。最初は、このストーリーからどんな展開になるのだろうか、と思いましたが、どんどん加速していくストーリー展開に時間を忘れましたね。

 

 

興味がある方は、是非見てはいかがでしょうか

 

 

それでは。

 

 

ブラコラvol.4 失敗を恐れずに

ブラザーです。

 

15000pv突破しました。ありがとうございます。改めてこちらについては、記事を書きます。

 

日付が変わって4月1日になりました。

 

今年で社会人6年目へと突入します。早いものですね。あっという間でした。

 

今年の新卒の皆さんは、コロナウイルスにより1ヶ月自宅待機を要請されるなど、本当に大変な状況だと思いますし、心が非常に痛みます。

 

思えば、化学の分野を大学で学び、そこから営業という道に進みはじめ、業種は建築、その3年半後にはITの分野に進むという、おかしな経歴となりました。

 

 

1年目は、本当に何もわからない状況で、ただ目の前のことに必死だったのを覚えています。

 

今でも忘れないのは、2年目に担当した案件です。小さな戸建て住宅を担当しましたが、様々な辛い思いをしました。

 

当時の自分は、利益の圧迫に苦しめられてました。会社は利益を求め、顧客は値引きを求め、施主の依頼を抱える設計事務所は、予算に対して材料費の安さを求め、という板挟み状況。

 

 

お金のことに頭がいっぱいで、些細なことと感じていたことの報告を、自分自身で無理やり解決しようとしてました。

 

 

ただ、そのせいで工事が遅延しそうになり、上司を含め、多くの人に迷惑をかけました。

 

 

上司と謝罪に行ったときのことを今でも覚えてます。

 

 

「Aさん(上司)よ、あんたおかしいと思わんか。2年目の子供が、一人でこの物件やってるんやで。可哀想や。できるわけないやろ」

 

この言葉が悔しかったですね。

 

単純なミスです。基礎である「報告」ができてなかったんですから。

 

 

その時から、どんな些細なことでも報告できる人間になろうと決めました。

 

 

そんなこと報告しなくていいと言われるくらい、上司に報告しましたね。

 

 

でも、僕はそれくらいがいいと思います。

 

 

失敗から学ぶことは多いです。

失敗しても、同じミスをやらないと決めて、改善策を考えられれば、それでいいと思います。

 

 

社会人6年目に突入しますが、今でも失敗はあります。やってみないと正直わからないですしね。

 

 

小さなことでも、一つずつ学びを大切にすることは、6年目となる社会人生活でも大事にしたいなと思います。

 

 

新卒の皆さん、勇気を持ってどんどんチャレンジしてくださいね。

 

 

それではまた

 

ブラコラvol.3 オンライン座談会

ブラザーです。

 

この土日の2日間、都内は外出自粛ということで、普段人で溢れている街も、漫画の世界のような静けさになりましたね。

 

また、都心では雪が降り、雪が降る中で開花した桜という珍しい光景も見られました。

f:id:kinoko1629:20200330003326j:image

 

 

昨日はオンライン上で、アカペラのパーカス数名と座談会のようなものを行いました。

 

 

そこで出た内容に、「個々の主張性」というものがあったんですね

 

 

日本で活躍するプロアカペラーは、約50バンドあります。ただ、一般的に世の中で名の知れたバンドは、10バンドもありません。

 

ゴスペラーズリトグリくらいなのかな

 

 

海外で活躍をするPentatonixに着目すると、個々にブランドがあることがわかります。

 

リードを引き立たせることが、僕が今までアカペラを行う上で大事なことだと思っていましたが、必ずしもそうではないということ。

 

上記のような形式をとるならば、よっぽどボーカル能力とブランド力が強い人物でない限り、他のパートは攻めていき、個々でブランドを持つことが大事ということがわかりました。

 

 

マチュアでも、同じことが言えますね。

 

 

大事なのは、うまさとかだけでなく、個人としてのブランドという部分も磨かなくてはいけないという点ですね。

 

 

そのブランドをどう作るかについては、様々なアプローチはあると思いますが、いずれにしても、どちらに方向性をもっていくかの判断はバンド内でしっかりと定めなくてはいけない

 

 

そのように感じた座談会でした

 

 

 

それでは、また

 

ブラコラvol.2 ネットに惑わされず

ブラザーです。

 

東京近郊の県が、コロナの影響で週末の外出自粛に動き出しましたね。

 

109や総合百貨店が休業するなど、異例の事態が発生してます。

 

『自粛疲れ』という言葉すら生まれるくらい、その猛威が日本を襲ってますね。終息するかと思いきや、これからが本番のような話がニュース番組で取り上げられてます

 

外出制限20億人という、すごい数字ですね

 

 

話は変わりますが、『夜の巷を徘徊する』というテレビ朝日系列の番組を知ってますか?

 

 

マツコデラックスさんが出演する深夜番組です

 

 

たまたま放送してたのを見ました。

 

ガンダムの事務所を訪問してまして、富野監督が出演されてました

 

 

ガンダムを見たことがなかったんですが、初期から監督は変わってないことに驚きましたね。

 

 

74歳、自身で老害と明るく話されていた監督ですが、インターネットが普及する前からアニメの制作をされ、世の中の変化と共に様々なシリーズの作品を作りあげてきました。

 

 

『ネットは見ない。世の中の意見を聞くと、普通の作品になってしまう』

 

 

深い言葉でした。

 

 

最近、Youtubeで考察動画とか多いんですが、物語を描く人にとっては、もう最初からゴールがあるので、ぶれちゃうと方向性が見失っちゃうんですよね

 

 

ネット社会になったからこそ、余計にそういう環境が身近になってしまう

 

情報、口コミに惑わされないことが大事ということなんですねー

 

 

ただ、音楽のクリエイターは意外とネットから参考にする人が多いです

 

 

椎名林檎さんも、口コミから曲を作ってるそうですね。まあ、音楽は単発だからこそできることなのかなと。

 

 

同じクリエイターでも、こんなところに違いがあるんだなって思いました

 

 

では、また

 

 

ブラコラvol.1 コラムはじめます

いつもブラブラをご覧頂きありがとうございます!

 

ブラブロも、もうすぐ15000PVを突破するわけなんですが、更新頻度が下がってしまい申し訳ないなぁと思ってました。

 

どうも記事のように書いてしまうので、なかなか書くタイミングとか内容を決めることで一杯になっちゃうんですよね

 

 

というわけで、

 

 

コラムをはじめようかと思います。

 

 

本来ブログは、記録するものなので、

 

 

日々の小さな出来事や感じたことを書くことが大事なんですよね

 

なんで、堅苦しくなく、ラフな感じで書けるものがいいかなーと思ってます。

 

この間、月曜から夜更かしを見てたんですが

 

今の女子高生は、LINE離れが起こってるらしいですね。

 

SNSのメッセージでやり取りをするのだとか。

 

 

より、文章を書くことが

 

おそらく今後はどんどん減ってくのかなぁなんて感じましたね。

 

 

まぁ、たまには

 

自分の感じたこととかを、文章で書くのもいいのかなって思いますね。

 

 

それにしても、メール文化だった10年近く前から、いつの間にかSNSのメッセージでやり取りする時代になってきてるなんて

 

 

 

ほんと、時代の進みは早いですね。

 

 

それでは、また

 

 

 

 

 

 

新曲「さくら」を解説!アレンジを通じて情景を作り出す。

 

f:id:kinoko1629:20180919224321p:plain

 

 

ブラザーです。

連日ニュースで話題となっている新型コロナウイルスにより、日本では在宅勤務や満員電車を避けるための時差出勤など、企業としての取り組みが行われていますね。そんな私も、今は在宅勤務を行なっています。

 

今日の記事は、アレンジをした「さくら」について書きたいと思います。

 

 

 

アレンジの前に

ー「さくら」はどのような曲なのかー

2003年、森山直太朗さんの2枚目のシングル曲としてリリース。「さくら」のブレイクにより、初回プレス1,200枚が最終的に120万枚のヒット曲となりました。昨年、ドラマ「同期のサクラ」のドラマ主題歌として復活。「さくら二◯十九」として、再び世の中に生まれました。


森山直太朗 - 「さくら(二〇一九)」

 

ー選曲にあたり悩んだことはー

単純に曲がいいですよね。どこか懐かしさがありますし、メンバーにとっても世代があてはまる曲で且つ認知度の高さもあります。ただ、不思議に感じていたのは意外とこの曲をアカペラでやっているバンドをみたことがないということです。YOUTUBEには、いくつかカバーしているバンドはありましたが、それでも曲の認知度に対しては少ないと実感をしました。

 

ー少ない理由は何かー

考えられることが正しいのかはわかりません。あくまで個人的な考えとしては2つあります。

①合唱曲という印象が強い 

②季節感が強い

 

特に②が強いのかなぁ。「さくら」といえば確かに季節は春ですし、曲自体が卒業式などで歌われることが多いので、どうしても2〜4月くらいに歌いたい曲ではありますよね。選曲にあたり、懸念になる気持ちもわからなくはないです。”季節”や”流行”が選曲の要になることは多いです。私が組んでいるバンドでもあります。

 

昨年は、Official髭男dismの"Pretender"が大ヒットしましたね。この曲のカバーを昨年は沢山聞きました。その前に印象的だったのは、映画「君の名は」の”前前前世RADWIMPS)”をカバーするバンドがたくさんありました。ただ、一時の流行が過ぎると、「古いなー」と思われるんじゃないかという気持ちになってしまうのか、あまりカバーをするバンドが見られなくなりました。

 

季節に関してもそうです。確かに、夏のイベントに冬の曲を歌うのは、何か歌いにくさがあるという気持ちはわかります。だからこそ、季節感が強い「さくら」は選曲として果たして正しいのだろうかと悩みました。

ー選曲に至ったのは何故かー

上記でも紹介をした「さくら二◯十九」のPVを見ました。その映像には、最後の方にさくらの花びらが舞うシーンはあるものの、ほとんど季節を強調した映像作りはされておらず、どちらかといえば曲のメッセージ性を強く表現した内容となっていました。

 

PVを見ると最初のシーンでは、白い服を身につけた人々が森山直太朗の周辺を歩いていますよね。ここに登場する人々は、それぞれに感情があり性別・仕事が別々で”個々”が存在しているとのことです。

 

そして、最初のシーンは下を向いて歩く人や座る人が多いですが、光がさした瞬間に上を向く人が増えていきます。ここに僕は人の感情に置ける「暗と明」を「闇と光」で表現したと感じました。

f:id:kinoko1629:20191211001423p:plain

f:id:kinoko1629:20191211001424p:plain

上から降り注ぐのは、光と花びら(さくら)ですね。”桜の花が舞い落ちる”と捉えがちですが、「落ちる」という表現よりも「降り注ぐ」という表現で、前向きなイメージのように感じました。

ここから、別に”春”や”卒業”というフレーズに限定せず、それぞれの”人生”や”時”をテーマにしている曲なのではないか・・・と感じはじめ、そこからこの曲に対し強く関心が湧きました。

 

考えてみれば、あいみょんマリーゴールドも歌詞に「麦わら帽子」というフレーズが出るので夏かなぁと思いますが、曲のメッセージ性を込めたPVに夏らしさはあまりありませんでしたね。

 

kinoko1629.hatenablog.com

 

 

ーアレンジで悩んだことはー

今回一番悩んだのは構想でした。特に2番を歌うかについては2週間くらい悩んだんじゃないですかね。時々、さくらを選曲したことを後悔したこともありましたよ笑。ぶっちゃけ「飽きるんじゃないか」と思ったんです。そんな時に、2番の歌詞をメロ関係なく朗読したんですよね。

今なら言えるだろうか、偽りのない言葉。

輝ける君の未来を、願う本当の言葉。

移りゆく街はまるで、僕らを急かすように

SNSとかが普及して、なかなか対面で感情をぶつけることが少なくなってきました。正直な気持ちを素直に言えればいいんですが、なかなか言えないままいつの間にか時間が過ぎていたりとか・・・・この歌詞を見ていると、もっと勇気を出して色々と言えればよかったなぁなんて思ったんですよね。そう考えると、すごく重要な歌詞だなと思い、これは2番も歌うしかないと思いました。

 

ー曲の展開とメッセージー

いつものように、アレンジノートは作りました。ただ、今回は1番ができた段階で、窓の満月のみんなに意見を求めました。特に印象的だったのは、「さくらは季節に問わず咲く」「1本のさくらもあれば、桜並木のように咲く光景もある」「さくらを見て、美しい果たして思うのか」様々な視点をもとに、再度構想を練り直し、全体をまとめました。

f:id:kinoko1629:20200324002654p:plain

「仲間の愛」をテーマにした選曲にしたかったということもあり、この曲から伝わる「見守る」「応援する」「進む」というキーワードを展開ごとに強調したかったのはあります。あとは、「さくらは咲きたいときに咲くんだよ」というメッセージですかね。春に咲くって決めたのは、結局人間なんですよね。そもそも1年間を数字で表したり、季節で区切ったのも人間なんですから。でも、さくらにとっては関係ないんですよね。咲きたい時に咲くんですよ。人も、周りから何を言われても自分が進みたい時に進めばいいし、信じる仲間がきっと後押しをしてくれるって思うんですけどね。それがアカペラでカバーするに当たって一番伝えたかったことかなと思います。

 

アレンジ

ー場面展開と転調ー

曲をフルで作ると決めてから、どうストーリー性を持たせるアレンジを作るかが課題でした。そこで用いたのが”転調”です。最初の入りに関しては、原曲キーで男性ボーカルでもよかったんですが、ここはあえて女性ボーカルにしました。「僕らは」という歌詞に対して、女性が歌うのってなんかエモいなって思ったんです笑。同時に、1番は”母性”をテーマにしていたので、どこか寂しさを抱えながらも優しく包んでくれるような雰囲気を出すために、あえて女性を選びました。

 

ー1番はあえて伸びをつけないサビにー

あまり1番でがっつりサビを伸ばすと、なんかこれまでの雰囲気が台無しだなと感じました。なので、あえてぶつ切りにするような歌い方(ロボットのような、無機質なような)にし、さくらが静かに舞う雰囲気を表現しました。そうすることで、より2番にかけての間奏の壮大さとのギャップを作ることができました。間奏に関しては、アジアンテイストな感じのメロを加え、原曲と織り交ぜながら表現しました。

 

ーsus4の利用とテンションコードとメジャーのギャップー

さくらのコードは非常に単純なもので形成されています。バックに楽器などがあればいいんですが、声だけだと繋がりをつけるのが難しかったので、曲の繋ぎに関してはsus4の和音をあえていれながら次に続く表現にしました。また「移りゆく街はまるで」の部分に関しては、電車で街の中を通る中で、様々な都会の雑音を感じながら時の流れを表現できるよう、11th→メジャー→9th→7th(四声和音)としました。

 

ー大サビに向けてー

落ちサビからどのように大サビに持っていくか・・・単純にすぐ転調で入ってもよかったのですが、ここに関しては重要なフレーズを連続させることで盛り上がりを作りたいなと思いました。「ともよ」が重なって全員で字はもになる箇所に関しては、尊敬するEuphonicsさんの「春よ来い」のアレンジを参考にしました。


春よ、来い / Euphonics

 

ー後奏のオリジナルメロディーー

窓の満月のアレンジは、ほぼ全ての曲の後奏をオリジナルメロディーで作成しています。なぜそのようにしているかというと、曲の総まとめをここで作り上げるためです。そうすることで、この曲は一つに繋がっているというメッセージ性を持たせています。今回に関しては、「君が歩む長い旅路は遥か遠いけど、光に満ち溢れている未来だから、前を向いて歩いてほしい。泣かないで、きっとまたここで会えるから、また会おうさくらの舞うこのみちの上で」という、仲間をずっと応援しているというメッセージ性を込めて、原曲の歌詞と織り交ぜながら作りました。

 

最後の「舞え、さくら」というのは、このアレンジを行う当初からいれたかった表現なんですよね。舞ったさくらが、春風に乗せて後押しをしてくれる雰囲気っていいじゃないですか。そして応援する仲間も、「お願いだから・・今だけでいいから、さくらよ、舞ってくれ・・・」という強い願いを込めながら、去りゆく友を後押しするというシーンが、ラストに浮かんだんですよね。

f:id:kinoko1629:20200325002248j:plain

 

アレンジに関しては、解説動画を今回作りましたので是非ご覧ください


さくら アレンジ解説

 

窓の満月からのメッセージ

今回、さくらの演奏を卒業生に対してYOUTUBEを通じて公開しました。上記のようなメッセージを込めて、演奏していますので是非ご覧ください。


さくら ー卒業生の皆さんへ、窓の満月より贈る言葉ー

 

 

それではまた!